2009年09月23日

リスキー・シフトに注意!

久しぶりの投稿になりますが、今日は、会議運営に関するちょっとしたTips(ヒント、コツ)を紹介します。

何人かが集まって会議をすると、一人で考えるよりも多くの違った意見が反映されるため、結論がより安全で保守的なものになると思われがちです。

ところが実際は、往々にして、一人で考えるよりもむしろみんなで会議して考えた方が危険で無鉄砲な方向に行ってしまうことがあります。
これが「リスキー・シフト」と呼ばれる現象です。

リスキー・シフトが起こるのはいくつかの理由がありますが、最大の理由は、会議ではどの参加者も他の参加者よりも自分の方が、より「明確な意見」を持っていることを示したいと思うことです。つまり、他者に対して優位に立とうとする「他者優位性」の心理が働くからです。

特に多数の男性と少数の女性が集まって議論する場合、男性は自分を勇気ある人間だと見せたがる傾向が強いため、男性を中心として挑戦的意見が飛び交うようになります。

そのため、メンバーの多くが少々挑戦的な選択のほうがよいと思っているときは、各メンバーは他のメンバーよりリスキーな選択を主張することになり、会議の結論はどんどんリスキーな方向へと向かっていくことになります。そして後で冷静になって考えてみると、驚くほどリスキーな結論に至ってしまうことがあるのです。

第二次世界大戦中の日本軍閥や、ベトナム戦争初期のアメリカ政府などがその典型的な例だと言えます。

逆にメンバーが保守的な人が多く、分別のある人間だということを示したいと思っている人が多数を占めている場合は、失敗を回避することが必要以上に優先され、結局は現状維持で何もしないという結論に至ることが多くあります。
この現象は「セーフティー・シフト」と呼ばれています。

一般に、親しい人だけの集まり、専門家だけの会議、議題に関係した者だけの会議では、リスキー・シフトやセーフティー・シフトが起こりやすいと言われています。
リスキー・シフトやセーフティー・シフトを防ぐ一番いい方法は、できるだけ多様で異質な人をメンバーに加えることです。

また、ファシリテーター役の人が場の雰囲気をよく観察し、リスキー・シフトが起こりそうな時に、休憩を挟んでいったん議論をリセットするのも有効な方法です。

会議で出た結論を重視しないことはもちろん問題ですが、逆に会議で出た結論に縛られすぎてしまうことも、もしかしたら問題になるかもしれません。後ほど冷静になって考えてみておかしいと思ったらもう一度議論し直す、そういった柔軟性と勇気こそ、会議を実のあるものにするために必要な姿勢だと言えるでしょう。

2009年05月20日

第五水準のリーダーシップ

最近、『ビジョナリー・カンパニーA 飛躍の法則』という本を読みましたが、ここに書かれているリーダーシップの内容がとても印象的だったので、紹介したいと思います。

著者は本の中で、「偉大な実績に飛躍した企業はすべて、決定的な転換の時期に第五水準の指導者に率いられていた」と語っており、その第五水準のリーダーシップの要素として以下のものをあげています。


・個人としての謙虚さと職業人としての意思の強さを併せ持つ

・野心は何よりも会社に向けられていて、自分個人には向けられていない

・次の世代でさらに偉大な成功を収められるように後継者を選ぶ

・徹底して謙虚で、控えめで飾らない

・成功を収めたときには窓の外を見て、結果が悪かったときには鏡を見る



理想的なリーダーというと、カリスマ的な力でメンバーを強く引っ張っていく華々しいイメージがあり、またそういうリーダーが多くメディア等で取り上げられてきましたが、この本の中で著者があげている第五水準のリーダーはそうではなく、地味で目立たない存在として描かれています。

しかく、会社の発展に対してはあくなき野心を持っており、その目標の実現ために的確な判断とリーダーシップをもってメンバーを導くのです。

こういったリーダーが目立たないのは、自分の実績を軽々しく誇らないからであり、また「自分が成功したのは運がよかったから」あるいは「他のメンバーに支えられたからだ」と考えているからです。

これが、「成功を収めたときは窓の外を見て、結果が悪かったときには鏡を見る」の意味するところです。成功したのは他の人(または運)のおかげ(=窓の外を見る)、一方、失敗したのは自分の責任だと考える(=鏡を見る)のです。

さらに、第五水準のリーダーのもう一つの大きな特徴として、自分がいなくなった後のことも考えて経営判断を行っているということがあります。

著者がこの本を著すにあたって比較対象とした企業(同じ分野にありながら飛躍できなかった企業)の多くのリーダーは、後継者が失敗する状況を作り出すか、自分よりも劣る人物を後継者に選ぶかをしていたといいます。

つまり、自分の実績をより際立たせるために、後継者が自分より成功することを望まないというのです。

地味で控え目でありながら、会社の末永い発展を考えて的確な経営判断を行う。
それでいて、自分の実績を誇ることなく、成功はすべて社員の手柄と考える。

そんな第五水準のリーダーを、私たちも目指したいものです。
posted by Arthur at 09:47| Comment(1) | TrackBack(2) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

リーダーシップ研修会参加者募集中!

非営利団体(NPO、NGO、ボランティア団体)のリーダーのためのリーダーシップ研修会の参加者を募集中です。

この研修会では、様々な分野で活躍している指導者の姿からリーダーのあり方・マインドセットを学ぶとともに、今注目されているコミュニケーション・スキルによってリーダーとしてのスキルアップを目指します。

また、効果的なプロジェクトの作り方を学ぶことによって、現在のプロジェクトを見直し発展させる機会を提供します。レクチャー、ワーク、映像教材など様々な形式で行います。

現在リーダー的な立場にある方はもちろん、将来リーダーになっていきたいと思う方、また新しくプロジェクトを立ち上げようと思っている方まで、積極的なご参加をお待ちしています!


■日時:2008年5月4日(月・祝)〜5月6日(水・祝)

■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター
    http://nyc.niye.go.jp/

■募集人数:20名(※募集人員を上回った場合は、先着順になります)

■内容
 ・タイプ分析
 ・リーダーシップ講座
 ・プロジェクト・マネジメント講座
 ・コーチング講座
 ・リーダーシップ・トレーニング
 ・グループワーク、ディスカッション
 ・アファーメーション

■参加対象:18〜35歳のリーダーシップに関心のある方

※特にこんな方におすすめです!
 ・非営利団体(NGO、NPO、ボランティアサークル)のリーダーの方、リーダー候補の方
 ・将来、社会問題解決のためのプロジェクトを立ち上げたいと思っている方
 ・コミュニケーション能力、リーダーシップ能力を向上させたいと思っておられる方


※研修会に関する詳細・申込み方法等はこちらをご覧ください。
http://www.sfpjapan.org/workshop_info/20090216_669.html
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

スキルアップ講座「交渉術基礎」参加者募集中!

スキルアップ講座第4回「交渉術基礎」の参加者を募集中です。

交渉にのぞむ際のマインドセット(考え方)や、協調的交渉を成功させるためのプロセスなど、交渉術の基礎的内容を学びます。

どなたでも参加できますので、ぜひふるってご参加ください。


■日時:2009年3月7日(土)14:00〜16:00

■会場: 太子堂区民センター第4会議室
 http://www.city.setagaya.tokyo.jp/030/d00004098.html

■参加費:会員の方500円、非会員の方1,000円

■定員:20名

■締め切り:3月6日(金)

■内容(予定)

 ・コンフリクト・マネジメントと交渉―協調的交渉とは?

 ・交渉にのぞむ際のマインドセットと5つのステップ

 ・相手の心を動かすテクニック

■お申込み・問合せはこちらから
posted by Arthur at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

プレゼンスキル&スピーチ力を高めるG

海外出張等があり、なんと1ヶ月ぶりとなってしまいましたが、「プレゼンスキル&スピーチ力を高める」の最終回です。

最後は「プレゼンスを高める方法」です。

   ▽   ▽   ▽   ▽

■プレゼンスを高める方法

確認になりますが、HRインスティテュートの野口吉昭さんが、プレゼン能力を高めるために必要な3つのスキルとしてあげたのが、

@プレゼンス(=人間的魅力・存在感)
Aシナリオスキル(=論理力・思考力)
Bデリバリースキル(=表現力)


の3つでした。

Aのシナリオスキル、Bのデリバリースキルについては、今まで紹介してきたいろいろな方法を駆使し、マスターすることで改善することができます。

しかし、@のプレゼンスに関しては、何かテクニックやスキルを駆使すれば高められるというものではなく、一朝一夕の工夫によって変えられるものではありません。

だからと言って「これは長い時間をかけて培っていくものですよ」と結論づけたら、わざわざこの章を立てる必要もないので、前述の野口さんも提唱している重要なことを一つだけ紹介します。

それは、「価値観を明確にする」ということです。

これはリーダーシップ研修会で私たちも強調していることですが、人がもっている人間的魅力や存在感というものは、その人の考え方や信念や行動様式、さらにはその背後にある価値観からにじみ出てくるものなのです。

その人がどんな価値観を持って物事を見つめているか、それが日々の行動となって表れ、そしてその蓄積が人間的魅力や存在感となって表れます。

それが普段のプレゼンや、スピーチをする際にも随所ににじみ出てきて、聴く人に強い印象を与えるものになるのです。

昔で言えば『プロジェクトX』、今では『カンブリア宮殿』『ガイアの夜明け』などのテレビ番組に登場するカリスマたちは、みな明確な価値観をもっています。だからこそ、その発言には力があるし、その姿には人を惹きつける独特の魅力があるのです。

それはテクニックやスキルによって一時的に飾り立てたものではなく、長年の経験や努力の中で培われてきた、いわばスピリチュアルな強さであり魅力と言えるでしょう。


自分が大切にしていることがあるからこそ、力を込めて語ることができる。
絶対に伝えたいものがあるからこそ、プレゼンに思いを込めることができる。



基本はそれだと思います。

まずは、自分が大切にしている(していきたい)価値観は何なのかを明確にして、それをもとに日々発言や行動をするように意識してみましょう。

やがてそれが板についてしっくりしてくれば、独特の人間的魅力や存在感を放つようになり、自然と発言にも説得力が増すようになるでしょう。

あとは、とにかく場数を踏むことです。
しかし、ただ漫然と場数をこなすだけでなく、毎回違ったテーマを立てて、プレゼンスキルを磨いてみてはいかがでしょうか?

たとえば、

・今日はいつもよりちょっと大きな声で話してみよう
・今日は話のスピードを途中で変えてみよう
・今日はロジックツリーに沿って話してみよう
・今日はアイコンタクトを意識してみよう
・今日はジェスチャーを多く取り入れてみよう


というようにです。

〜おわり〜


【参考文献】
・『自分プレゼン!』(野口吉昭、日本能率協会マネジメントセンター)
・『「できる人」の話し方&コミュニケーション術』(箱田忠昭、フォレスト出版)
・『効率が10倍アップする新・知的生産術』(勝間和代、ダイヤモンド社)
・『食い逃げされてもバイトは雇うな(上)』(山田真哉、光文社新書)
・『ロジカル・コミュニケーション』(安田正、日本実業出版社)
・『強いリーダーはチームの無意識を動かす』(石井裕之、橋川硬児、VOICE)
・『「できる人」の話し方』(ケビン・ホーガン、PHP研究所)
・『会話術』(松本幸夫、秀和システム)
・『パワーマインド』(内藤誼人、ソフトバンクパブリッシング)
posted by Arthur at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

スキルアップ講座第4回を開催します

今週末にスキルアップ講座第4回を開催します。

今回のテーマは、「交渉術講座」です。

どなたでもご参加できますので、興味のある方はふるってご参加ください。


日時:6月28日(土)14:00〜16:00

会場:世田谷区太子堂区民センター 第4会議室

内容:人生は交渉の連続です。
    また、プロジェクトを進めていく上でも交渉は欠かせない要素です。
    そんな交渉を成功に導くためのプロセスやテクニックなどを紹介します。

参加費:会員の方500円、非会員の方1,000円

申込み締切:6月27日(金)

■参加申込み・問合せはこちらから
posted by Arthur at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

プレゼンスキル&スピーチ力を高めるF

今回は応用編として、「アンカリング」というスキルを紹介します。

これはNLP(Neuro-Linguistic Program:神経言語プログラミング)などで使われているスキルですが、その名前が示すとおり、行動にアンカー(いかり)をかけて、特定の体験や感情をその行動をきっかけとして引き出すようにする方法です。

簡単に言ってしまえば、「パブロフの犬」と同じです。
パブロフの犬の場合は、ベルを鳴らすと唾液が出るようになるのですが、NLPの場合は、体の特定の部位をさわったり特定の行動をとるとポジティブな感情が湧き出てくるように、自分自身に暗示をかけます。

これをプレゼンやスピーチで応用する場合、以下の二つの方法があります。


@自分自身をアンカリングする

 これは一流のスポーツ選手の多くが取り入れている方法ですが、大会や演技の前にある決まった行動をすることで、自分自身に成功の暗示をかける方法です。イチローが毎日昼食にカレーかピザを食べるのも、いつも決まった歩数でバッターボックスに入るのも、バッターボックスで必ず左手でユニフォームのそでをさわるのも、すべて一種のアンカリングです。
 「この行動をするときは絶対にうまく行く」という暗示を、自分にかけているのです。

 プレゼンやスピーチをする際、もし過去にうまく行った経験があれば、その時取った行動を思い出し、毎回それを繰り返すようにします。「あの時は昼食にカレーを食べたな」「プレゼンの前にコーヒーを飲んで深呼吸したな」など、何でもいいのですが、その行動を取るとプレゼンがうまく行くという暗示を自分自身にかけるのです。

 あとは毎回それを繰り返すようにすれば、その行動を取ると自然に心が落ち着き、自信が湧いてくるようになります。


A相手をアンカリングする

 こちらの方がより高度な技術になりますが、もう一つは聞いている相手の無意識にアンカリングをかける方法です。

 やり方としてはいろいろありますが、たとえばポジティブな話をするときにちょっとだけ眉を上げる、あるいは重要なことを言うときに手を胸に当てる。こういった行動を何回か繰り返すのです。

 そうすると、自分が眉を上げたり胸に手を当てたりしただけで、相手の無意識にメッセージが伝わり、自然とそれに対応する反応をするようになります。
 たとえ言葉としてはうまく伝えられなくても、アンカリングによる非言語のメッセージは確実に相手の無意識に伝わるので、相手はそれをポジティブ、あるいは重要なメッセージとして受け止めるということです。

 先日、テレビ番組を観ていたら、本人が知ってか知らないでかはわかりませんが、島田紳助さんがこのスキルを使っているのに気がつきました。よく観察してみると、紳助さんは何か面白いことや狙った発言をする前に、必ず首のネクタイに手を当てるのです。
 これを何度か繰り返えされると、こちらも紳助さんがネクタイに手を当てたとたんに、笑う準備ができてしまうようになります。
(※本人が「アンカリング」を意識して使っているかどうかは定かではありません。)

 もう一つ、プレゼンやスピーチなどでは、場所を使ってアンカリングをかける方法もあります。
 これはアメリカのある有名な講演者が使っている方法ですが、壇上で自分が話をする場所を二箇所決めておき、ポジティブな話はいつもA地点で話し、ネガティブな話はいつもB地点で話すようにします。
 それを何回かくり返し、聴衆の無意識にアンカリングした後で、自分の意見や提案をポジティブなA地点に立って話すのです。そうすると、聞いている側は無意識にその提案をポジティブに受け取ってしまうというわけです。


以上、「アンカリング」というスキルを紹介しましたが、これらはちょっと高度なものですし、下手にやると逆にペースが乱れてしまうことにもなりかねませんので、ぜひプレゼンに慣れて余裕がでてきたときに試してみてください。
posted by Arthur at 15:03| Comment(1) | TrackBack(0) | セルフマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月20日

プレゼンスキル&スピーチ力を高めるE

今回はデリバリースキルを高める方法の最後、B姿勢・ジェスチャーに関してです。

B姿勢・ジェスチャー

姿勢に関して、まず大切なのはリラックスすることです。
立って話す場合は、肩幅くらいに足を開いて、両足に均等に体重を乗せるようにします。
そして、特に意識して背筋を伸ばすようにしましょう。

また、肩に力が入らないよう、話す前に肩を上下させたり、まわしたり、簡単な体操をしておくのもいいでしょう。
重要なプレゼンやスピーチの場合は緊張してしまうかもしれませんが、話す前に深呼吸(腹式呼吸がベスト)や体操をしたりして、できるだけ力を抜くように心がけましょう。

そして、体は必ず、話す相手の方向に向けるようにしましょう。
体を横を向けて話したり、話を聞いていたりすると、自分はそんなつもりでなくても、相手には「傲慢な人間」「自分が軽んじられている」という印象を与えてしまうからです。
イメージ的には、自分のへそからレーダーが出て、相手をロックオンしている感じです。

ちなみに、立って話す場合と座って話す場合では、それぞれ相手に与える印象が大きく違いますので、TPOにしたがって使い分けます。

【立って話す場合】
・自分に権威・主導権を持たせたいとき
・自分の提案や意見などを通したいとき
・レクチャーやプレゼンなどをする場合にふさわしい

【座って話す場合】
・対等な立場で話したいとき
・聴衆に主導権をもたせたいとき、相手に考えさせたいとき
・ワークや共同作業を行う場合にふさわしい

心理学的には、人は立っている相手の方にパワーを感じると言われますので、会議などで自分の提案・意見を通したい場合には、あえて立って話すようにするといいかもしれません。

次にジェスチャーで意識したいのは手の動きです。
欧米で「ビジュアルハンド」と呼ばれる、自分の言っていることを手で表現する動きを取り入れると、それだけで印象が大きく変わります。

たとえば、「まず一つの目のポイントは…」という時に、人差し指を一本立てて数字をカウントしていく。
あるいは、何か重要なことを相手に言うとき、相手を説得したい時などに、手を相手に向けて差し出してみるのもいいでしょう。
これはかつてJ・F・ケネディが演説で多用したこともあり、「ケネディ・チョップ」と呼ばれているそうです。

ただ、ジェスチャーの基本ルールの一つに、「ジェスチャーの大きさは、聴衆の数に比例する」というものがあります。
大勢を相手に広い会場で話す場合は、大きなジェスチャーを取り入れた方が効果的ですが、狭い会場で少数を相手にする場合に派手にジェスチャーをすると、一人だけ浮いてしまい逆効果です。

他に、ジェスチャーをする際には、以下の点にも気をつけましょう。

・人を指すときは、指で指すのではなく、手のひら全体で指す
・失敗したとき、間違えたときは、ジェスチャーを控える(頭をかいたり、舌を出したりしない)
・話している時に首から上の部分(顔、頭、首など)をあまり触らない(「自信がない」「不安である」「嘘をついている」というメッセージになってしまう)
・前に出るときはゆっくりと、下がるときはキビキビと動く

次にプレゼンを行う際には、以下の項目を意識してみましょう。

<姿勢・ジェスチャー チェック項目>□話す前に深呼吸や軽い体操をして、リラックスする
□背筋はちゃんと伸びているか
□体は相手の方を向いているか
□立って話す場合と、座って話す場合を効果的に使い分けているか
□効果的にジェスチャーを取り入れているか
□ジェスチャーは場に合ったものになっているか
posted by Arthur at 15:19| Comment(3) | TrackBack(0) | セルフマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

スキルアップ講座第3回を開催します

今週末にスキルアップ講座第3回を開催します。

今回のテーマは、「コミュニケーション力トレーニング」です。

どなたでもご参加できますので、興味のある方はふるってご参加ください。


日時:6月14日(土)14:00〜16:00

会場:世田谷区野沢区民集会所 第2会議室

内容:コミュニケーション力は、普段の人間関係から仕事上の業務
   など、どこでも必要となる能力です。
   ワークやゲームを用いて、チーム作りや問題解決に欠かせない
   コミュニケーション能力のアップを目指します。

参加費:会員の方500円、非会員の方1,000円

申込み締切:6月13日(金)


■参加申込み・問合せはこちらから
posted by Arthur at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

プレゼンスキル&スピーチ力を高めるD

今回はデリバリースキルを高める方法の A視線・アイコンタクト に関してです。


A視線・アイコンタクト

昔から「目は口ほどに物を言う」と言われるように、目が相手に与える印象は大きなものがあります。

自分が前に立ってプレゼンやスピーチをする場合は、多くの人の視線が自分に集中することになります。
その時に、キョロキョロと視線を動かしたり、ずっと下ばかり見ていると、「自信がない」あるいは「嘘をついているのでは?」という印象を相手に与えてしまいます。

もし原稿を読まなければならない場合は、原稿を下に置くのではなく、目の前で持って話すようにした方がいいでしょう。

顔はできるだけ前を見るようにし、そして、できるだけ一箇所に固定するようにします。
聴衆の中に頻繁にうなずいたりして話を熱心に聞いてくれる人がいれば、その人を集中的に見るようにすると気分も楽になりますし、話もしやすいでしょう。

たとえそういう人がいない場合でも、こちらから意識して相手を見るように心がけていると、自然に相手も呼応してうなずいてくれるようになります。

ただ、ずっと同じ人を見ていたり、同じ場所ばかり見ていると、かえって不自然に映ってしまいますので、「ワンセンテンス・ワンパーソン」といわれるように、一つの文章で一人の人を見るようにするといいでしょう。

また、目も口と同じように、普段より少し大きめに開いて話すよう意識します。目も閉じているよりも、開けている顔の方が好感度が高いからです。大きな目の方が相手に好印象を与えるということは、さまざまな実験からも明らかになっています。

よく“目ヂカラ”と言われますが、特にポイントでは目にも力を込めて語りかけましょう
目からもメッセージが出ている様子をイメージして、語りかけてみるといいでしょう。

以下の項目をチェックしてみましょう。

<目・アイコンタクト チェック項目>
□顔はしっかりと前を向いているか
□不自然に上を見たり、下を見たりしていないか
□原稿は手にもって話しているか
□キョロキョロしていないか。視点を一箇所に固定しているか。
□「ワンセンテンス・ワンパーソン」を意識しているか
□普段より目を大きめに開いているか
□ポイントではしっかり相手の目を見て語りかけているか


「スキルアップ講座」好評開催中です!
詳細・お申し込みはこちらから

posted by Arthur at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。