2009年05月20日

第五水準のリーダーシップ

最近、『ビジョナリー・カンパニーA 飛躍の法則』という本を読みましたが、ここに書かれているリーダーシップの内容がとても印象的だったので、紹介したいと思います。

著者は本の中で、「偉大な実績に飛躍した企業はすべて、決定的な転換の時期に第五水準の指導者に率いられていた」と語っており、その第五水準のリーダーシップの要素として以下のものをあげています。


・個人としての謙虚さと職業人としての意思の強さを併せ持つ

・野心は何よりも会社に向けられていて、自分個人には向けられていない

・次の世代でさらに偉大な成功を収められるように後継者を選ぶ

・徹底して謙虚で、控えめで飾らない

・成功を収めたときには窓の外を見て、結果が悪かったときには鏡を見る



理想的なリーダーというと、カリスマ的な力でメンバーを強く引っ張っていく華々しいイメージがあり、またそういうリーダーが多くメディア等で取り上げられてきましたが、この本の中で著者があげている第五水準のリーダーはそうではなく、地味で目立たない存在として描かれています。

しかく、会社の発展に対してはあくなき野心を持っており、その目標の実現ために的確な判断とリーダーシップをもってメンバーを導くのです。

こういったリーダーが目立たないのは、自分の実績を軽々しく誇らないからであり、また「自分が成功したのは運がよかったから」あるいは「他のメンバーに支えられたからだ」と考えているからです。

これが、「成功を収めたときは窓の外を見て、結果が悪かったときには鏡を見る」の意味するところです。成功したのは他の人(または運)のおかげ(=窓の外を見る)、一方、失敗したのは自分の責任だと考える(=鏡を見る)のです。

さらに、第五水準のリーダーのもう一つの大きな特徴として、自分がいなくなった後のことも考えて経営判断を行っているということがあります。

著者がこの本を著すにあたって比較対象とした企業(同じ分野にありながら飛躍できなかった企業)の多くのリーダーは、後継者が失敗する状況を作り出すか、自分よりも劣る人物を後継者に選ぶかをしていたといいます。

つまり、自分の実績をより際立たせるために、後継者が自分より成功することを望まないというのです。

地味で控え目でありながら、会社の末永い発展を考えて的確な経営判断を行う。
それでいて、自分の実績を誇ることなく、成功はすべて社員の手柄と考える。

そんな第五水準のリーダーを、私たちも目指したいものです。
posted by Arthur at 09:47| Comment(1) | TrackBack(2) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その中で個人的にオヌヌメは ぱるぱるさん、欲しい
Posted by 矢口?里 刺?男性との浮?映像が流出 at 2013年07月07日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

産業カウンセラーのネタ帳・・・サーバント リーダーシップ
Excerpt: あの「め○ましTV」?私も毎日みてるYo! プロ・社長商品価格:1,575円レビュー平均:3.33 第五水準のリーダーシップ 著者は本の中で、「偉大な実績に飛躍した企業はすべて、決定的な転換の時期に第..
Weblog: 産業カウンセラーを目指した経緯
Tracked: 2009-05-21 17:19

逆.えんで37マ.ン稼げたwww
Excerpt: ツレがもうかったっていってたから試してみたらマジでナマでハメまくってるだけで37マ.ンもらったw しかも中.出しが当たり前だしwww ⇒ sersai.com
Weblog: マ.ラ太郎
Tracked: 2009-05-24 00:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。