2007年06月26日

リーダーシップの4ステップ

●リーダーシップの4つのステップ(Creative Leadership Centerのプログラム※より)
※AT&T、P&G、IBM、コカ・コーラ、ナイキ、マクドナルドなども採用されているプログラム

1、ビジョン
 リーダーに最も重要なものがビジョンである。これがなければ他の3つも意味をなさない。自分自身とメンバーを効果的に導くためには、まず方向性を示さなければならない。


2、コミュニケーション
 次に必要なのはそれを伝えるということ。ビジョンを他のメンバーに伝え、共有する。そのためにはコミュニケーションが大切。
 どうやってビジョンを実現するかを話し合う。そしてメンバーのコミットメントを引き出さなければならない。


3、エンパワーメント
 リーダーの重要な責任の一つが、メンバーのリーダー性を育むことである。
 エンパワーメントはスキルや経験、知識、そして能力を他のメンバーやグループと共有していくことも含んでいる。また、情報を集め、選択をし、決定をする裁量を人々に与えることでもある。
 また、エンパワーメントは失敗をする許可を与えることも意味する。最高の学習の多くは失敗の中から生まれてくるものである。


4、アクション
 ビジョンを明確にし、それをメンバーに伝え、メンバーに権限を与えたら、あとは行動するだけである。リーダーは行動をもって示すことが重要である。
posted by Arthur at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーシップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。