2007年07月24日

「自分との約束」を守る

今日は、最近読んだ本の中から一つ印象的だった内容を紹介します。

それは「自分との約束」を守るということです。

約束には二つあります。
一つは、他人との約束
もう一つは、自分との約束です。

このうちほとんどの人は、「他人との約束」の方を優先し、より強く意識しているのではないでしょうか?
それは、他人との約束を守られなければ、信頼、評価、価値といったものを低下させたり、失ったりしてしまうからです。

しかし、実は同じことが「自分との約束」にも言えるのです。

他人との約束を破れば、他人の自分に対する信頼、評価、価値が下がってしまうのと同じように、「自分との約束」を破ってしまうと、自分の自分に対する信頼、評価、価値を低下させてしまうことになるのです。
そういったことを続けていると、やがて自分に自信が持てなくなり、向上心や意欲なども失ってしまうのです。

このことは逆に、たとえ小さなことであっても、「自分との約束」を守り続けていくことによって、自己信頼、自己評価、自己価値を高めていくことができるということを意味しています。

「自分との約束」を守るということは、つまり、自分が決めたことはやり遂げる、目標を最後まであきらめない、価値観を明確にする、自己管理をしっかりすることなどを意味します。

「他人との約束」に比べて、「自分との約束」は、破ったとしても自分以外誰もわかりません。

その意味でも、目標を立てること、そしてそれをみんなの前で口に出して発表することは、とても意味のあることなのです。

どんなことでもいいですから、日々小さな目標を立て、それを毎回確実に実行していく生活ができたらいいですね。


(参考文献:『「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか』日本実業出版社)
posted by Arthur at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。