2008年04月24日

NGO世代論

今回は、デビッド・コーテンの「NGO世代論」と呼ばれる理論を紹介します。

これは米国の開発学者コーテンが、自ら途上国の開発に従事しながら、NGOやNPOが進化していく過程を体系的に整理したものです。

基本的には途上国の開発に従事するNGOを対象としたものですが、国籍や分野を問わず、もっと広い範囲にも適応できる理論だと思います。

以下、その骨子だけを簡単に紹介します。


【第一世代】
ニーズ対応型の活動に従事するタイプ。
対象が当面不足しているもの、たとえば、食糧、保健衛生、住居などを補うために、サービスや物品をこれらの人々に直接提供する活動。

コーテンは「このような活動の初期の段階では、援助を必要とする人びとがなぜニーズを満たせずにいるのかについて、理論づけすることはめったにない」と述べている。

この第一世代やり方は、遅かれ早かれ限界にぶちあたるようになる。救援・福祉活動は症状を一時的にやわらげる以上のことはほとんどできないからである。
この限界に気づいたNGOは第二世代の戦略へと移行していく。


【第二世代】
自立に向けた小規模な地域開発と呼ばれるもの。
ニーズをかかえた人々がみずから必要なサービスを作り出し、必要な物品を調達できるような能力を向上させることに焦点を当てて活動するタイプ。

第一世代の活動を続けていく中で、ニーズが自分たちのサービス供給力をはるかに上回っていること、さらにはこのような対症療法的な活動が対象者の依存心を高めてしまい、自分たちがめざしていたのとは反対の結果を招いたのではないか、という疑問を抱き始める。
そして、ニーズをかかえた人々が自立するための能力開発や、そのための支援に活動の戦略を移していく。
このような活動の場合、個人を対象とするよりも、グループや小地域、農村単位を対象に職業訓練や識字教育、より生産的な農業技術の研修などを行う。

しかし、この第二世代の活動も限界に直面することになる。
それは社会のシステムや構造における矛盾であり、権益構造である。途上国の場合には特に、権力者に有利な市場ルールなど、地元支配階級の権力構造が確立され、かつそれが国や地方によって保護されていることが多い。
このようなシステムの前では、第二世代のNGOの努力もあまりにスケールが小さいことに気づくのである。


【第三世代】
全国レベルでの政策や制度を変革しようとするタイプ。
特定の地域に対して集中的に支援して成果を上げさせ、それをモデルとして周辺地域あるいは全国へと展開させようとする。その際に、既存のシステムが大きな障害となるため、そのシステムの変革を提唱して活動を行うようになる。

しかし、第三世代にもやがて限界がやってくる。
このような問題は一国だけの問題ではなく、国際的なルールや利権構造に問題があることに気が付くのである。


【第四世代】
国を越えた制度やルールの障害に立ち向かうNGO。
途上国のNGOや政府、あるいは先進国のNGOとも連繋して、国際社会の権力構造に立ち向かう戦略をとる。
posted by Arthur at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 理論・リサーチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。