2008年06月03日

プレゼンスキル&スピーチ力を高めるC

今回からはデリバリースキル(表現力)を高める方法です。

■デリバリースキルを高める方法

デリバリースキルを高める方法はいろいろありますが、今回は特に@声・トーン、A視線・アイコンタクト、B姿勢・ジェスチャーの三つに注目します。

@声・トーン
一般的にプレゼンやスピーチをする際には、自分が思っている以上に「ゆっくり・はっきり・大きな声で」話した方がいいといわれます。
特に緊張すると、無意識のうちに早口になったり、声が小さくなったりしてしまいますので、あえて意識して「ゆっくり・大きく」話すように心がけます。

アメリカの心理学者ロジャー・ガーグラフ博士が提唱している発声法に、「3M」というものがあります。これは「More Mouth Movement」の頭文字を取ったもので、「口をできるだけ大きく動かして話す」という意味です。

口を大きく動かして話すと、発声がはっきりするという以外に、相手の好感度を高めるといった効果もあります。

心理学者スタンレー・ストロング博士の実験によると、被験者に口を開いている表情と口を閉じている表情の二枚の写真を見せたとき、ことごとく口を開いている表情の方がいい印象を相手に与えたといいます。

口を大きく動かせば、それだけ表情の豊かな人間であるとみなされ、魅力を高めることにもつながるのです。

もう一つ、声・トーンで意識するといいことは、できるだけ変化をつけるということです。

みなさんも経験があるかもしれませんが、大学の講義などで、教授がひたすら同じ調子で話し続けていると、とっても眠くなるものですよね。
単調なトーンで延々と話し続けられると、誰でも眠くなってしまうものです。

印象に残るプレゼンをするためには、所々、あえて声の大きさを変えたり、話すスピードを変えたり、抑揚をつけたりして、声のトーンに変化をつけることが大切です。

雄弁術の技法にも「怒涛波返しの術」というものがあります。
これは、ある時は怒涛のように大きくたたみかけ、ある時は波が引くようにサーっと小さな声で話す方法で、この差が大きいほど相手に与える印象が大きいと言われています。

また、時々適度な間を空けるのも有効な方法です。

自分が強調したい部分、「ここぞ」という部分の前で、少し間を空けるのです。
話していて突然沈黙すると、「何があったのかな?」「何を言うのかな?」と一気に相手の注目が集まります。

それから重要な部分を伝えると、それが相手の心に残りやすいメッセージとなるのです。

プレゼンやスピーチを行う際には、声・トーンに関して以下のチェック項目を意識してみましょう。


<声・トーン チェック項目>
□普段より大きめの声で話しているか
□はっきりと発音しているか
□できるだけ口を大きく開けているか
□ほどよいスピードで話しているか。慌てて早口になっていないか
□スピード、抑揚、声の大きさなどに変化を持たせているか
□重要な部分では間を空けて、適度な間合いを取っているか
posted by Arthur at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | セルフマネジメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。