2007年09月13日

パタゴニアの精神

少し前の新聞にアウトドアウェア販売のパタゴニア創業者のインタビューが載っていましたが、とても参考になる内容だったので紹介します。

パタゴニアのミッション・ステートメントは、

「最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。
 そして、ビジネスを手段として、環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」

というものです。

そのミッション通り、パタゴニアは製品開発において利益を追求するのではなく、いかに環境に良い製品作りをするかにプライオリティを置いています。

綿花栽培が農薬や殺虫剤による環境破壊をもたらすと知ると、製品の25%を占めていた綿衣料を、1年半ですべて有機栽培の素材に切り替える決定をくだし、いち早くペットボトルから再生フリースを作り、古い合成繊維製品を顧客から回収してリサイクルしています。

また、製品の宣伝はしないが、遺伝子組み換えに反対し、不要なダムの撤去を訴え、環境問題に配慮する候補者に投票を呼びかける広告には費用を惜しまないといいます。

さらに、売り上げの1%を自主的な「地球税」として、地球環境保全のために活動する世界のNGOに寄付しています。

まさにミッションに忠実な会社なのです。

創業者のイヴォン・シュイナードは次のように語っています。

「正しいことをしなければいけないと決断すると、その後ではいつも利益が増えています。
 ピトンの製造をやめて、新たな用具でクリーンクライミングを提唱したときもそうでした。
 利益がついてくるということは、ほかの会社への大きなメッセージです」

「地球の将来について私はとても悲観的ですが、何もしないことがいちばんの悪です。
 私には、会社というパワーがあります。
 私にできる最善のことは、この会社を世界を変えるツールとして使うことです」

成長のための成長は追わないが、影響力を持ち、世界を変えるために会社を成長させる。
そして、実体をもって他の会社にメッセージを送る。

もともとは普通の会社として出発しましたが、精神は社会起業家やNPOに近く、私たちにとっても大いに参考になる考え方だと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。